筋肉トレーニングの歴史

筋肉トレーニングの歴史は?

筋肉トレーニング,歴史

 

19世紀の初めにドイツ人のグーツムーツとヤーンが、ヘビーなレジスタンス・エクササイズを推奨したのがウエイトトレーニングの始まりです。グーツムーツによってダンベル運動が一般大衆に広がっていき、20世紀初頭はバーベルにディスクを挿入して重量調整できるバーベルが登場しています。

 

1930年頃にはキャルバードが推奨するセット法のトレーニング方があり、使用重量を次第に増やしていく方法です。1930から1950年頃はアトラスが、自分自身の身体を抵抗の負荷にした状態の運動法であるダイナミックテンションを開発しています。

 

1960年代はH・K・ポポワーヤがトレーニング後の休養時でも筋肥大が起こるのを明らかにして、トレーニング法を紹介しています。1970年代はバーベルのようなトレーニングではウエイトが適切な負荷になってもその他の関節角度では負荷が弱過ぎる可能性があるので、マシーントレーニングが使用されるようになりました。

 

マシーントレーニングの登場で、等しい動きのトレーニングが出来るようになりました。1980年代はスーパー・サーキット・ウエイト・トレーニングが登場して、1990年代以降は現在のトレーニング方法とほとんど同じです。

筋肉トレーニングの目的

筋肉トレーニング,歴史

 

レップ数の範囲により身体にかかる負荷や種類が異なり、肉体改造での効果も違ってきます。低レップ数で行った場合は、神経レベルでの適応が起こります。脳から送られる神経の刺激頻度を増やす事で、身体は筋線維を活性化するように動き出していきます。

 

インナーマッスル間での働きや、違った筋肉群間での動きを活性化する事が出来ます。筋力は増強されるが、筋肥大は最小限に抑える事が出来ます。筋肉を付け過ぎる事がなくても、筋力を高められます。中レップで行った場合は、代謝と細胞レベルで適応反応が起こりやすいです。

 

反対に神経レベルでの適応反応は、起こらないです。筋肥大が起こった時に、身体が大きく強くなります。しかし低レップで筋トレを行った時のように、同じ筋肉量における筋力が最大限にならないです。筋肉を大きくして見た目だけでも筋骨隆々の身体にしたい場合は、中レップで出来る筋トレを行うと良いです。

 

高レップで行った場合は、代謝と細胞レベルでの反応になります。部分的な筋肉の持久力を高めて、細胞内にあるミトコンドリアの活性化や毛細血管等へ良い刺激が与えられます。筋肉はわずかしか、増強しないです。

 

筋力とパワーを付けたい場合は低レップにして筋肉を大きくし、身体を大きくする場合は中レップにすると効果的です。

キレマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのキレマッスルHMBサプリも確認してみてください。