プロテインとアルコールの同時摂取

プロテインとアルコールの同時摂取

プロテイン,アルコール

 

プロテインを沢山摂取すると、吸収や消化が早いので肝臓に負担がかかりやすく、筋肉を作る機能が衰えてしまいます。プロテインとアルコールの同時摂取は、筋肉を成長させる男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量が下がってしまい筋肉を分解する働きがあるコルチゾールという物質の分泌量が増えてしまいます。

 

筋肉が作られにくい身体になり、そこに大量のプロテインを摂取すると処理と分解能力が低くなってしまいます。これだけではなく、肝臓への負担が大きくなり過ぎて本来の機能が発揮出来なくなります。折角のトレーニングやプロテインが無駄になるので、出来ればトレーニングを行った日はアルコールを避けるようにします。

 

普段からプロテインを飲んで筋トレを行っている人は、自分は健康であると思っている人が多いです。食事からはプロテインはもちろんタンパク質を沢山摂取している人は、肝機能の数値が高い場合があります。同時に尿酸値も高い場合もあり、高くなる原因として急な筋トレを行っていると尿酸が溜りやすくなります。

 

健康診断を受けるのが決まったら、その数日前からプロテインやタンパク質の摂取を控えるようにしてウォーキング等の軽めのトレーニングを行って調整しましょう。

プロテインで肝臓が悪くなる

プロテイン,アルコール

 

肝臓は腸内でタンパク質が分解されて発生する有害なアンモニアを無害な物質に変換する働きがあります。また、食品から摂取したタンパク質を体内で利用出来る形に変換する等の働きもあります。プロテインを長期に大量に摂取する事により、肝臓パワーは全開で働かないといけないので人によっては肝臓に負担がかかってしまいます。

 

肝臓は食べ物から取り入れた栄養素を体内で活用出来る成分に分解して、合成する代謝機能や必要な成分を貯蔵する機能等多くの働きがあります。重要な役割であるのが解毒作用で、アルコールはもちろん毒性のあるアンモニア等の有害な物質も毒性の少ない物質に変えて体外に排出していきます。

 

アンモニアの発生にタンパク質が関係していて、胃から腸に運ばれたタンパク質が腸内の悪玉菌により分解されている時にアンモニアに生産されています。食品としてタンパク質を摂取すると、胃から腸に進んでいる間にタンパク質の最小単位であるタンパク質に分解されて腸壁から吸収されて肝臓に運ばれます。

 

肝臓のタンパク質代謝の働きにより、体内の様々な場所で使われるタンパク質に作り替えられます。また、肝臓で無害な状態に変わったアンモニアは、腎臓から尿として排出されます。その際、タンパク質を過剰摂取すると肝臓だけではなく腎臓にも負担がかかってしまいます。

キレマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのキレマッスルHMBサプリも確認してみてください。