プロテインの入れ物を選ぶポイント

プロテインの入れ物を選ぶポイント

プロテイン,入れ物

 

プロテインシェーカーがなくてもプロテインを飲む事は出来ます。プロテインシェーカーはあった方が、圧倒的に便利です。溶けるスピードが早くなり、プロテインを飲んでいる人のほとんどがプロテインシェーカーを使っています。

 

価格的にも安い物であれば数百円程度であるので、購入しやすい料金です。選ぶポイントは、飲み口の広いものです。水や牛乳とプロテインを入れて振った後は、蓋を開けてそのまま飲むタイプになります。最も定番の形で、数百円程度の安いプロテインシェーカーはこの形です。

 

飲み口が広いので、一気に飲めるのがメリットです。パーツが簡素であるので、洗いやすいのもメリットです。勢いよく飲むとサイドからプロテインがこぼれる場合があるので、注意が必要です。反対に飲み口が狭いものは、蓋に付いているキャップを開けて飲むタイプです。

 

飲み口がすっぽりと口の中に入るので、横からこぼれる心配がないです。蓋を回転させて開けなくてもキャップを外すだけで、素早く飲めます。一気に飲む事が出来ないので、飲むのに時間がかかってしまうデメリットがあります。

 

飲み口が狭いので、洗いにくいです。メッシュは蓋の裏側に付いているものもありますが、メッシュがあるとプロテインが溶けやすくだまになりにくいので、ないよりあった方が良いです。

プロテインは一日に何回が適切か

プロテイン,入れ物

 

プロテインを一日に何回飲むのが良いかと言うと、1回でも2回でも3回でも何回でも良いです。本格的なトレーニングを行っている場合は、最低でも一日1回は飲むようにします。食事だけでタンパク質を摂取するのは難しいので、プロテインで補うようにします。

 

一日1回しか飲まない人は、お勧めはしないです。食事からタンパク質をかなり摂取していれば良いが、一日1回の摂取だけではバルクアップは目指せないです。数回飲む方が筋肉を大きくするための、近道になります。

 

プロテインの回数を多く飲む場合は、安くて量が多いプロテインが良いです。一日に何回も飲む場合は、コストが気になります。このため、安くて量が沢山入っているプロテインを選びます。一日に飲む量が問題で、自分の体重に2.3グラムをかけた量が適切な量です。

 

体重が60キロの人の場合は、120から180グラムになります。この量を数回に分けて飲むようにして、食事でのタンパク質の摂取量が少ない場合は多くして多い場合は少なくします。プロテインには種類があり、種類によって飲む回数も異なります。

 

購入したプロテインによってタンパク質の入っている量が異なるので、ちゃんとタンパク質の量を確認して飲みましょう。

キレマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのキレマッスルHMBサプリも確認してみてください。