細マッチョとソフトマッチョとゴリマッチョ

細マッチョとソフトマッチョとゴリマッチョ

細マッチョ,ソフトマッチョ,ゴリマッチョ

 

細マッチョとは、服を着ている時は普通に見えるが服を脱ぐと筋肉質で締まった身体をしている場合を言います。お腹は腹筋が割れてシックスパックになっていて、背中は上半身が逆三角形になっている状態です。ソフトマッチョとは最近出来た言葉で、細マッチョよりも少しゴリマッチョに近い状態を言います。

 

態度や身のこなしが柔らかく紳士的で、しなやかで爽やかな印象があります。肩幅はありくびれもあり、上半身は逆三角形になっています。ゴリマッチョとは、ムキムキの身体で服を着ていても分かる程の筋肉隆々の身体を言います。

 

見た目的に、包容力があり安心感がある感じがします。鍛え方は細マッチョは、筋トレを週に2.3回行うようにします。筋トレは身体の中の大きな筋肉を刺激するものを行うのが効果的で、具体的には大腿筋と大胸筋と広背筋等を鍛えます。

 

ソフトマッチョになるためには、筋肉を付ける事です。しなやかな身体付きになるのが目的なため、必要な部位には筋肉を付けて他には付けないようにします。ソフトマッチョは、体型をデザインするイメージをして行う事です。

 

ゴリマッチョになるには、激しい筋トレを行う事です。重要になるのは食事で、野菜を食べて炭水化物をしっかりと摂ります。タンパク質も多めに摂り、小分けにして1日6.7回摂取するようにしましょう。

細マッチョになるために体幹を鍛える

細マッチョ,ソフトマッチョ,ゴリマッチョ

 

筋トレを行う時には、スクワット・ベンチプレス・デッドリフトを行うと効果的です。この3つを行う事で、体幹が鍛えられます。スクワットでは下半身を鍛えられ、デッドリフトでは身体の裏側の全てを鍛えられます。ベンチプレスでは、腕と胸の筋肉を鍛えられます。

 

1度に沢山鍛えられる事により、少ない種目で鍛えられて効率的です。このため、筋トレに当てる時間が短くて済みます。筋トレは60分が理想的で、長くても90分以内にするのが理想的です。筋トレを長く行うと、集中力が切れたり疲労が溜まりやすくなります。

 

疲労が溜まりやすくなると、怪我をしやすくなったり栄養が足りなくなって筋肉が分解されます。ボディメイクに必要になる筋肉を作る事が出来て、カロリーを消費するには必要になる筋肉でもあります。ボディメイクに必要になる筋肉には、大胸筋・広背筋・三角筋・腹筋・大殿筋・太ももの筋肉です。

 

大胸筋と広背筋と三角筋は、上半身を鍛えるには必須になる筋肉です。大殿筋と太ももの筋肉は上半身とのバランスを保つために必要です。体幹やインナーマッスルが鍛えられ、これにより腹筋も鍛える事が出来ます。

 

バランスを取る時には、腹筋やインナーマッスルを使うため自然と鍛えられます。

キレマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのキレマッスルHMBサプリも確認してみてください。