筋力トレーニング後にストレッチ

筋力トレーニング後にストレッチを行う

筋力トレーニング,ストレッチ

 

筋トレを行った後にはストレッチを行うのが効果的です。ストレッチをすると損傷した筋肉の回復を早めて筋肉の成長を促してくれます。過酷な筋トレを行った後は、息が上がった状態になっています。呼吸を深く正しく行うと事で、全身に酸素を供給出来るようになります。

 

身体を緩めるストレッチは、リラックス状態にもなるので効果的です。筋トレ後に何もしないでいると、筋膜が癒着と結合をしやすくなります。筋肉をストレッチで伸ばす事によって、予防が出来ます。筋肉が温まっていると、伸びやすくなっています。

 

柔軟性の向上を目的にしたストレッチを行えるチャンスになるので、この時に行うと筋肉の隅々まで酸素が供給されるようになり回復を助けてくれます。このためには、呼吸と組み合わせた静的ストレッチを行うようにします。静的ストレッチは反動を利用しないで、痛みを感じる所まで伸ばさずリラックスして行います。

 

呼吸を止めずに自然な呼吸で行い、15から30秒を目安にして筋肉を伸ばしていきます。関節の可動域も広がり、柔軟性が向上します。全身の筋肉を効率的の伸ばすストレッチを行い、日頃のトレーニングに取り入れます。10分で終わるので、筋トレ後に習慣にして行うようにしましょう。

筋力トレーングを短時間行って筋肉を増やす

筋力トレーニング,ストレッチ

 

筋トレを行った6時間後は、脂肪が燃焼しやすくなります。これを利用して朝に筋トレを行うと効果的で、身体に負担がかかるので起床後30分以降に行うようにします。時間は10分間行い、短い時間で大丈夫です。身体の代謝が始まるのを感じるようになり、身体を目覚めさせるのに適しています。

 

普段の移動時を利用して、効率良く鍛える事です。階段を使って電車では座らずに、歩ける時間の余裕を持つ事です。足腰と体幹を鍛えるトレーニングになり、毎日の身体作りに役立ちます。時間がない人には時間短縮出来るのは助かるので、時間を有効に活用します。

 

家に帰ったらホットする前に筋トレを行うと、リラックスしてから行うと始める気持ちに持っていくのに大変になります。短いインターバルで行うと、効果を高められます。30から90秒を目安にして、時間を測って行います。時間を意識して行っていないと、ダラダラと休んでしまいます。

 

次のメニューに取り掛かるのにも、面倒になってしまう場合もあります。各メニューを組み合わせて一連の流れにして、1セットにして行います。集中して行う事で効率も上がり、時間内に終わらせられます。デスクワークが多い人は、立って仕事をする時間を増やすようにします。

 

立っていると全身の筋肉を使うので、適度に筋力を保って筋肉の凝り固まりも防げます。

キレマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのキレマッスルHMBサプリも確認してみてください。