筋肉トレーニングの名前紹介

筋肉トレーニングの名前

筋肉トレーニング,名前

 

筋トレの種目の名前には、ベンチプレスがあります。ベンチプレスは、胸の筋肉である大胸筋を鍛えるための代表的な筋トレです。上腕の裏側にある上腕三頭筋や肩の筋肉である三角筋を補助的に使って、胸と肩と腕をまとめて鍛える事が出来ます。

 

ラウンジはスクワットよりも腰に負担をかけずに筋トレが出来て、スポーツの動作に近い姿勢で脚を鍛えられます。太ももの前部にある大腿四頭筋や、後部にあるハムストリングやお尻の筋肉である大殿筋を鍛える事が出来ます。

 

ダブルベンチプレスは、バーベルでのベンチブレスよりも更に広い動作の範囲で胸の筋肉を鍛える事が可能です。懸垂はぶら下がる場所さえあれば、どこでも行う事が出来ます。ワイドグリップチ二ングなら広背筋を鍛えるのに最適で、広背筋の直ぐ近くにある大円筋や上腕の前側いわゆる力こぶの部分の上腕二頭筋も補助として使われます。

 

スクワットは脚を鍛える種目の定番で、膝や腰を痛めないために、正確なフォームをマスターする必要があります。ダンベルローイングはダンベルとベンチを使って、手軽に筋トレが出来る筋トレの種目です。ダンベルを身体に引き付ける動作によって背中の筋肉が鍛えられるのです。

筋肉トレーニングでの用語

筋肉トレーニング,名前

 

筋トレで覚えておくと良い用語には、セパレーションがあります。セパレーションとは、肉体改造を行った時に筋肉と筋肉の間にある深い溝が出来ていて凸凹している所がありそれを言います。セパレーションを出すには、脂肪を食事で落としてから筋肉を付けていく事です。

 

ピリオダイゼーションとは期間によってトレーニング方法を変える事で、同じ筋トレを行っていても筋肉が発達しないからです。変える事で筋肉の停滞期を乗り越える事が出来て、筋肉を大きく出来るようになります。

 

スプリットルーティーンとは分割法で、1週間に2回全身を鍛えてメニューを4回にして上半身と下半身に分けて背中や胸や腕や脚や肩のように5種目に分けて回していきます。身体の回復に効果もあり、短期間で身体全てを鍛える事が出来ます。

 

コルチゾールは筋トレを行うと分泌が促されるホルモンの1種で、分泌がされないと筋肉を大きくしていく事が出来ないです。しかし分泌される量が多いと、低体温や不妊等になる可能性もあるので気を付けないといけないです。

 

ドローインとはゆっくりと息を吸ってお腹を膨らませて、その後にゆっくりと吐いていきお腹を凹ませていきます。ドローインはウエストを引き締める効果があり、ダイエット目的で筋トレを行う人には必須の動作です。

キレマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのキレマッスルHMBサプリも確認してみてください。