筋肉トレーニングの必要性紹介

筋肉トレーニングの必要性

筋肉トレーニング,必要性

 

人間の身体は年齢を重ねると、衰えてきます。人間の身体は筋肉で動いていて、筋肉が衰えると身体が動かなくなります。これが原因になって、怪我をする人が増えてしまいます。階段を上がった時に踏み外したり、段差を踏み越えようとしてつまずいたりします。

 

本人の感覚では段差を超えているつもりでも、身体はイメージ通り動いていない場合があります。転倒をすると怪我をして、最悪の場合は寝たきりになる事もあります。そんな時に筋トレは必要で、老後に向けて予防のために身体を作っておくためです。

 

また動かしていないと筋力は低下するんで、関節が硬くなったりして身体機能が低下するのです。筋肉を使わない時間が長いと、骨の成分のカルシウムが溶け出して骨がもろくなってしまいます。筋肉を鍛える事で、骨や血管や肺や心臓等を丈夫にする事が出来るようになります。

 

身体の中で特に足腰の筋肉は衰えやすく、膝を曲げたり伸ばしたりする筋力は若い頃に比べると半分程度まで低下します。足は第2の心臓と言われていて、血液の循環機能に大きな役割をもっています。足腰の筋肉が低下すると歩きにくくなるだけではなくて、心臓や消化器官等の機能が低下する可能性があるので下半身の筋肉は特に鍛えるようにしましょう。

筋肉トレーニングを行うポイント

筋肉トレーニング,必要性

 

筋トレを行う時のポイントは、大筋群を優先して鍛える事です。大きな筋肉から鍛える事で末端にある筋肉も副次的に鍛えられて、小さい筋肉を先に使うと大きな筋肉が効く前に疲れてしまいます。効果の転移があり、大筋群から鍛えると限られた時間の中で効率良く鍛えられます。

 

筋トレは基本的にはゆっくりとしたスピードで行う事で、動作が素早いとフォームが崩れたり鍛える筋肉以外の筋肉も使われて負荷が減ってしまいます。ゆっくり行うと、筋肉の血管内の圧力が高まり乳酸等の代謝物の分泌が起こりやすくなります。

 

成長ホルモンの分泌や筋肉痛が、引き起こされにくくなります。効率良く行うには、重量とレップ数の組み合わせを工夫する事です。筋肥大を目的にして行った場合は、速筋を鍛える事が重要なので自分が出来る限界の力を発揮して行うようにします。

 

このため最大に反復出来る重量を1RMと言い、1RMの80%の重量を最低6レップ行うのが効果的です。セット数も重要で、3セット行うのが効率が良いです。1セット目はどれだけ全力で行っても、身体が自然と力をセーブしている傾向があるためです。

 

筋肉をフル稼働させるためには、3セット必要になります。超回復を理解して、筋トレを行ったら休息を入れるようにしましょう。

キレマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのキレマッスルHMBサプリも確認してみてください。